キャバ嬢ってお客さんとどんな話をしているの?

キャバクラ嬢はお客さんとどんな会話をしているのでしょうか。
基本的には何気ない普通の会話、いわゆる世間話で盛り上がったり、恋バナで盛り上がったり、
友人と喋るときとあまり変わらないようなネタが多いです。
たとえばスーツを着ていたら「お仕事帰りですか?」とか、「どんなお酒が好きですか?」とか、
最近のニュースやキャバ嬢自身の自虐ネタ、下ネタなど、お客さんの好みに合わせて
内容を変えながら会話を広げていくパターンが多いです。

 

ですが中には変わりダネを持っている女の子もいて、
面白い手法とネタで攻めて行く子もいます。
私がキャバクラに勤務していた当時、一番仲の良かった同僚が
そのパターンでした。
誰もが真似できるものではないですが、彼女が
お客さんを虜にしていたテクニックをご紹介します。

 

彼女はマンガ家志望の20歳でした。投稿用のマンガを描くかたわら、
夜はキャバクラで働く、という毎日を送っていました。
だから彼女の特技は絵を描くこと。可愛らしくてファンシーな、
少女マンガっぽい絵を得意としていました。

 

そして、勤務中はいつもスケッチブックとペンを携帯しています。
寡黙なお客さんがいらっしゃったり、話があまり弾まないときはスケッチブックを取り出して、
「私絵を描くのが得意なんです!似顔絵を描いて差し上げますね!」と
言って、サラサラとお客さんの似顔絵を描いていくのです。

 

ただ描いているだけではありません。顔をじっと見つめ合うことに
なるので、「まつげが多くて綺麗ですね」とか、「口元がとても優しいんですね。きっと
心も優しい方なんだなって思ってたので納得です」とか、
とにかく顔のパーツで素敵なところを見つけては褒めるのです。

 

これをやられたお客さんは見つめられる、褒められるという気恥ずかしさで
嬉しそうにはにかんでしまいます。自分の顔についての会話も盛りあがっていました。

 

似顔絵を書き終わった後は、スケッチブックからそのページを
切り取り、彼女の名前とケータイ番号を描いてお客さんに渡します。
「今日の記念にしてくださいね」と言われると嬉しい男性が多いようです。

 

絵をかけるからこそのトークネタですが、こんな変わった方法もある
んだなと、会話に困っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

>>高卒でも高給な職種に付きたい方はコチラ!<<

関連ページ

同伴のメリットはやっぱり「お金」
キャバ嬢になりたい、キャバクラで働きたい方にオススメは夜の仕事『try18』です。またはキャバ嬢になるにはどうすればよいのだろうか・・とお悩みの方にも必見です。朝キャバ、昼キャバの情報も満載です♪
キャバクラで働く大変さ(^^;)
キャバ嬢になりたい、キャバクラで働きたい方にオススメは夜の仕事『try18』です。またはキャバ嬢になるにはどうすればよいのだろうか・・とお悩みの方にも必見です。朝キャバ、昼キャバの情報も満載です♪