高給な仕事を探して転職する女性へ考えた方が良い点とは?

高給な仕事を探して転職する女性へ考えた方が良い点とは何でしょうか?

 

昔は終身雇用で、学生が終わったら会社へ一生奉公するのが当たり前でした。

 

男性は一生、同じ会社で働きます。そして女性は、結婚したら会社を辞めるのが普通でした。

 

しかし今、終身雇用ばかりの会社ではなくなってきています。

 

 

転職してキャリアアップする選択肢が増え、女性も結婚したら家庭に入るという選択をする人は少なくなりました。

 

転職して、今より高給な仕事でキャリアを積んでいきたいと思う女性も多いです。

 

そこで、女性が転職する時に考えた方が良い点を紹介します。

 

高給な仕事に転職はこちら!

 

女性が転職する時に考えた方が良い点は、結婚や出産、子育てです。

 

例えば、あなたが25才の独身だったとします。すると、この先に通るであろう結婚や出産が待っています。

 

全く彼氏も好きな人もいなく、結婚の予定がない人でもいつ結婚するかは運や出会い次第です。

 

そのため彼氏と結婚を考えている人だけでなく、結婚には運がない人でも結婚や出産について考えた方がいいです。

 

 

もしも転勤族の人と結婚したら、近い将来に転勤があるかもしれません。

 

その時、あなたは仕事を辞めて旦那についていくか、それとも仕事のために別居するか決断を迫られます。

 

どうするかは結婚してみないと分かりません。

 

また、出産したら仕事を辞めるのか続けるのか決めなければいけません。

 

 

会社によっては、産休や育児休暇を取りにくい職場もあります。

 

また、制度はあっても実際は妊娠したら辞めていく人ばかりの職場もあります。

 

そうなると、高給な仕事を求めて転職したはずなのに思うようにキャリアが積めず、

 

転職しない方が高給だった‥という事もあり得ます。

 

 

また、会社の面接でも女性が入社希望だと年齢を見る会社が少なくありません。

 

妊娠して辞める人が多い仕事だと、面接官は「この人も採用したらすぐに辞めるかもしれないな。」

 

という目で見てきます。それに「結婚や出産をしても会社を続けようと思うのか?」

 

という質問をする面接官もいます。

 

 

そして、もう子供がいる女性だと子育てと両立できそうかを見ている人もいます。

 

小さい子供がいる女性だと預かる場所は決まっているのか、

 

子供が風邪を引いたら誰か見てくれる人はいるのかなども面接で聞いてくる場合があります。

 

 

会社はあまり人事で穴を開けたくないため、会社の負担にならないかどうかを見ています。

 

こういった事から、高給な仕事を探して転職する前に会社の産休や育児休暇についてよく調べるようにしましょう。

 

出産しても働けるような環境か面接で聞くと「長く働いてくれる人だな。」と好評価につながる可能性はあります。

 

また、子育てと両立しやすい仕事なのかも考えた方がいいです。

 

 

>>高給な仕事に転職したい方はコチラ!<<